第50回全国消防救助技術大会出場決定!

第50回全国消防救助技術大会出場決定!

 令和4年7月23日(土)兵庫県広域防災センター(三木市)において、第50回消防救助技術近畿地区指導会が開催されました。当消防本部から、近畿地区の激戦種目『ほふく救出訓練』(77チームエントリー)に4チームが出場し、Aチーム(安川隊員、住田隊員、東隊員)が訓練成果を発揮し、全体2位(大阪府内1位)の成績で全国大会の切符を手にしました。

 この指導会は、大阪府及び兵庫県の各消防本部から選抜された救助活動のスペシャリストが日頃の訓練成果を披露し、救助技術と士気の向上を図ることを目的として開催されています。

 これからも、市民の皆様の安心・安全を守るため、更なる救助技術の向上に取り組んでまいります。

※第50回全国消防救助技術大会リンク → https://rescue-meet2022.tokyo/

 

  《ほふく救出とは》

 空気呼吸器を着装した救助者が、確保ロープ及び小綱を両足首に結着した後、煙道を検索して要救助者を屋外に救出し、搬送するまでの安全確実性と所要時間を評価します。

 

 《表彰式》

 

 当チームは、34秒7のタイムで、大阪府内第1位に輝きました。

更新日:2022年9月15日

ページの先頭へ