【訓練】中州に取り残された要救助者を救出せよ!

 11月12日・16日の両日、府営深北緑地公園で救助救出訓練を実施しました。

 今回の訓練は、浸水により建物や河川の中州等に取り残された要救助者の救出訓練を実災害に近い環境下で実施することで、救助活動の技術向上や救助資器材の効果の確認及び取り扱い技術の習熟を図りました。

 近年の大雨等による災害は増加傾向にあり、地形的に一級河川や低地が存在する当消防本部管轄内でも、浸水害が起こる可能性が十分に考えられることから、定期的に訓練を実施しています。

 今後も、市民の皆さんに安全安心の暮らしをお届けできるよう、様々な状況を想定し、日々訓練に励んでまいります。

 

 

 

 

更新日:2022年1月11日

ページの先頭へ