ガストーチバーナーの取り扱いに注意して下さい

 近年、アウトドアやDIYが流行しており、ガストーチバーナーを使用する頻度も増えてきています。誤った使用方法や製品不良による火災が全国で多発しており、当消防本部管内でも火災が発生しました。

 ガストーチバーナーの使用時の注意点等をまとめましたので、お知らせいたします。

 

ガストーチバーナーとは

 

 主にカセットボンベに接続して用いる簡易的なガスバーナーのことで、近年は一般家庭にも普及し、アウトドアバーベキューでの火起こしや、炙り料理、DIY等で使用されています。

 正しく使えば便利な道具ですが、カセットボンベは異常燃焼やガス漏れ火災が起こると消火が難しく、火傷をしたり、最悪の場合、爆発する危険も潜んでいます。

 最近ではインターネットで製造元不詳の廉価な海外製品が多く販売されており、製品不良による火災も多く発生しています。

 

取付不良による漏れたガスに引火

 

 カセットボンベが正しく取り付けられていない状態で、接続部からガスが漏れ、トーチを点火した結果、漏れたガスに引火して燃え上がる現象を再現しています。ガストーチを使用する際は、カセットボンベに正しく取り付けられているか確認してください。

※Oリングの劣化やサイズが不適合の場合、正しく装着できていてもガスが漏れることがあります。

 

傾け使用による異常燃焼

 

 カセットボンベは逆さや大きく傾けた状態で使用しないでください。ガストーチに生ガス(気化していない液状のガス)が供給されると、異常燃焼が生じ、火災ややけどに至るおそれがあります。ガストーチによっては傾けて使用する際に異常燃焼を起こしにくいよう対策されたものがあります。対策済み製品の使用もご検討ください。

 

取り扱い時の注意点

1.取扱説明書をよく読みましょう

 簡易的な製品で直感的に使用してしまいがちですが、製品によって機能・性能は様々です。(逆さまでの使用ができるもの、できないもの等あります。)

 海外製品の場合、日本語の説明書が添付されていないものもあります。

2.使用前に点検をしましょう

 ・カセットボンベにきっちりと接続できず、緩みやがたつきがないか

 ・栓が締まっているのに「シュー」という音がしていないか

 ・タマネギの腐ったような臭いがしていないか

 これらはガス漏れの危険な兆候です。絶対に使用しないで下さい。

3.古いボンベにも注意しましょう

 古くなって劣化したボンベが原因となってガス漏れを起こすこともあります。腐食していたり、接続口が変形しているものは使用しないようにしましょう。

 

 
お問い合わせ
大東消防署
〒574-0037 大阪府大東市新町13番35号 
電話番号 072-875-0119 ファックス 072-871-5654 

更新日:2021年11月24日

ページの先頭へ