大東市市役所分団の総合実践訓練を行いました

令和3年5月26日(水)に大東消防署と市役所分団と合同で2か月間の訓練の集大成となる総合実践訓練を行いました。

 この訓練では実際の火災を想定し、2階にホースを延長して放水するとともに、救助隊が屋内から救出した要救助者(約70kgの訓練用人形)を2人で2階から1階へ徒手搬送しました。

 今後も市民の安全安心を守るべく連携して訓練を続けていきます。

 

訓練の様子

市役所分団1 

市役所分団2 

市役所分団3 

更新日:2021年11月24日

ページの先頭へ