大阪市阿倍野消防署と高所作業車合同訓練を実施しました

 平成31年2月4日(月)大阪市阿倍野消防署において、阿倍野消防署の消防隊と大東消防署東分署消防隊で高所作業車合同訓練を実施しました。

 高所作業車(通称:LT車)とはその名のとおり、高所で作業が行えるよう昇降装置がついた消防車であり、火災の際は高所からの迅速な放水、また、高所からの照明により夜間における円滑な消防活動を支援することができます。車両の全長が7.07メートルで地上17メートルの高さまで伸ばすことができ、この高さは建物の6階相当に値します。はしご車に比べてコンパクトで、機動力に長けており住宅街の狭い道路でも進入することができます。大阪府下では当消防本部と大阪市消防局にのみ導入されている非常に珍しい消防車です。

 合同訓練では火災現場や救助現場を想定した訓練のみならず意見交換会も実施したことで、相互に良い活動内容を取り入れることができ有意義な訓練を行うことができました。新たな知識を習得できたことで災害時における活動の幅も広げることができ、今後も訓練を継続して実施していくことで、市民の皆様の安心安全の確保に努めてまいります。

 

訓練 

訓練実施時の様子

 

意見交換会 

意見交換会の様子

 

集合写真 

集合写真

 

更新日:2021年11月24日

ページの先頭へ