第2回救急研修会を開催しました!

 大東四條畷消防本部では、令和2年11月12日(木)屋内訓練場において、第2回救急研修会を開催しました。今回は発表形式で行い、演題については「小児救急における課題」、「スリングを使った布担架搬送法」、「コロナ禍における外傷CPA事案の対応とバイスタンダー保険について」、「経験から学んだこと」の4症例で、3名の救急隊員及び救急隊1隊が発表しました。

 症例発表後は活発なディスカッションや提案されたスリングを使用した布担架搬送法を会場内で実演し、参加者が試行するなど、有意義な研修会となりました。

 今後も感染症対策を実施しながら、コロナ禍においても救急隊員の知識や技術の共有を図り、市民の安心安全の確保に努めてまいります。

 

 

 

1症例目「小児救急における課題」

 

 

 

2症例目「スリングを使った布担架搬送法」

 

 

スリングを使った布担架搬送法の実演

 

 

3症例目「コロナ禍における外傷CPA事案の対応とバイスタンダー保険について」

 

 

4症例目「経験から学んだこと」

 

更新日:2020年11月18日

ページの先頭へ