感染防止対策を徹底し救急研修会を開催しました!

  令和2年6月17日(水)屋内訓練場において、救急研修会を開催しました。今回の研修会は、新型コロナウイルス感染症防止対策として、受講定員の縮小・3密防止対策・研修前の体温測定などを徹底し開催しました。研修内容は、「集団災害発生時における救急活動」、「救命処置の心構え」について、救急隊長、指導救命士が発表しました。

  集団災害発生時の救急活動については、先着救急隊の初動、後着救急隊の任務内容などの確認と併せて図上訓練実施動画を用いた説明を実施。救命処置の心構えでは、気管挿管のリスク管理について、気管挿管事故事例から原因と対策の検証などを行い、有意義な研修会となりました。

 今後も救急隊員の現場対応力の強化を図り、市民の安心安全の確保に努めてまいります。

 

 

 

「集団災害発生時における救急活動」の研修

 

 

図上訓練動画の視聴

 

 

「救命処置の心構え」研修

 

 

感染防止対策。受付で「検温と手指消毒」を実施

 

更新日:2020年7月16日

ページの先頭へ