119番通報

通信指令室

火事・救急・救助の時 119番通報!  

<落ち着いて 素早い通報 少ない被害>

火事になれば、見付ければ大きな声で 「火事だ!」  我が家が火事になってしまった。 家族の者が突然倒れて意識が無い・・・。 こんな時、冷静に要領よく119通報することはとても大切なことです。 大東市及び四條畷市内からの119番通報は、大東消防署の通信指令室につながり、 担当者はあなたに次のことを問い掛けます。

火事の場合の通報要領

消防署の問い掛け 通報者
   まず、周囲の人に知らせることです。
火事ですか、救急ですか。 火事です。
場所はどこですか。 大東市丁目番号です。
(小学校の東側です)
何が燃えていますか。 2階建て住宅です。
今使っている電話番号と
あなたの名前を聞かせてください。
872-です。
消防太郎です。
はい、分かりました。 【気が付いたことを話してください】
けが人がいる。 助けを求めている人がいる。
爆発音があったなど。
消防車、救急車などがすぐに出動します。   

重要な避難 身に危険を感じたら通報をやめてすぐに避難してください (安全な所からもう一度、掛け直してください)。

 

救急(救助)の場合の通報要領

消防の問い掛け 通報者
火事ですか、救急ですか。 救急(救助)です。
場所はどこですか。 大東市町番号の前です。
どうしたのですか。 交通事故でけが人がいます。
今使っている電話番号と
あなたの名前を聞かせてください。
875-です。
消防桜子といいます。
はい、分かりました。 【気が付いたことを話してください】
運転手が閉じ込められている。
けが人が人いる。
燃料のガソリンが漏れているなど。
救急の場合、救急車が出動します。 お願い
自宅からの救急依頼の場合
家族の人は、出来れば道路に出て
救急車を自宅へ誘導してください。
救助の場合、救助隊などが出動します。
 

携帯電話・PHSでの通報

  • まず、災害地を確かめてから通報してください。
  • 場所が分からない場合は、公衆電話(住所表示がある)から掛けてください。
  • 運転しながらの通報は危険です。安全な場所に停車してから通報してください。
  • 通報後、消防から問い合わせをすることがあります。
  • しばらくは電源を切らないでくだい。
 

PHSの場合はこんなことも気を付けて

  • PHSは、場所によって掛からない所もあるので、注意してください。
  • 移動しながらの通報は、電話が切れてしまう恐れがあります。一度、立ち止まってから通報してください。

参考:携帯電話、PHSからの通報

  • 通報する前に 災害場所が分からなければ 到着するまでに かえって時間が掛かります。民家の前であれば、表札で確認するか、付近の人に尋ねるとか、目印となる対象物を見付けるなど、場所を確認出来る情報を入力してください。
  • 場所が分からない場合は、公衆電話(住所表示がある)から掛けてください。
  • 運転しながらの通報は危険です。安全な場所に停車してから通報してください。通報後、 消防署から場所の再確認などの問い合せをすることがあります。しばらくは 電源を切らないでください。
  • PHSは、場所によって掛からない所もあるので注意してください。
 

公衆電話 (赤・ピンク)による通報

【119番通報ボタンが無かったら】

お店の人に119通報すると申し出てください。鍵を使うことにより、通報することが出来ます。

10円硬貨を入れても、通報者の声が消防へ届かない片側通報になります。消防から、受話器を戻すよう話があります。ベルが鳴ればもう一度、受話器を取って通報してください。

 

ファクスでの通報

病気やけがなどで電話による119番通報が出来ない場合は、ファクスによる通報も24時間体制で受け付けています。119番にファクスを送ってください。

ファクス: 119

下の画像を参考に、通報専用の用紙を作成し用意しておくといざという時便利です。

注意事項:下の添付ファイルをクリックするとダウンロードできます。 

 

メールでの通報

大東四條畷消防組合では、平成26年4月1日から、火災や救急等の発生時に聴覚や音声言語機能に障害(がい)のある方から、パソコンや携帯電話等の電子メールによる緊急通報ができるよう、メール119通報システム(以下「メール119」といいます。)の運用を始めました。
 メール119を利用するには、いたずらメール等の防止のため、お手数ですが、事前登録をお願いします。

 

申込案内等はこちら

お問い合わせ
大東四條畷消防本部 
電話番号072-875-0119 
〒574-0037 大阪府大東市新町13番35号  

更新日:2014年9月30日

ページの先頭へ